マツエセラピー治療実績コンテスト

THE GOLD PRIZE

2018年 5月度
月間金賞

<スポーツ部門>

Bronze Master / Bronze Instructor

遠藤 敏博先生

Toshihiro Endo

「どんどんタイムも縮まって、練習もしっかり取り組めるようになりました!」

症状・状態
スポーツ(水泳)による右腰部痛
患者様DATA:男性 15歳(高校1年生) 水泳部(背泳ぎ)
治療経過の詳細
来院時、1ヶ月前から右腰部に痛みがあり、
水泳の練習中ターンをするとき特に痛みが強くなる。
右腰腸肋筋に硬結、右大腰筋と右大腿二頭筋に張りがあったので
VIM療法と矯正を行う。
患者様の喜びの声
今まで痛かった分、かばっていたのがなくなって
満足に練習ができるようになってタイムがすごく縮まりました!

松栄 勲先生

審査員 松栄 勲先生による寸評

水泳選手は、腰痛になることが意外と多いものです。しかも毎日の練習を休むことができず、症状が長引いているケースがあります。

高校一年生の男性スイマーは、大人の体格に変化し、筋力トレーニング等のハードな練習に耐えられる一方、新しい体にフォームが対応しきれていない時期でもあります。
そのため、全身のアンバランスから肩や腰の故障が目立つのです。

治療としては、部分の問題点の改善だけではなく、VIM療法を通じた全身の調整が非常に効果を発揮するので、それによってタイムの大幅な改善も可能になります。

国際治療協会 理事
アスリーツ&トレーナーズ協会 理事長
松栄 勲

施術者コメント

遠藤 敏博先生

Bronze Master / Bronze Instructor

遠藤 敏博先生

患者の高校生が腰の痛みがなくなり、パフォーマンスが上がったことに喜んでくれ、
治療に来るたびに『記録を更新したよ』とか高校での出来事を話してくれるのでVIM療法を学んで良かったと実感しています。

遠藤 敏博先生 プロフィール

遠藤 敏博先生の治療実績ページへ


ページTOP