マツエセラピー治療実績コンテスト

THE GOLD PRIZE

2018年 6月度
月間金賞

<スポーツ部門>

Bronze Master / Bronze Instructor

川上 満先生

Mitsuru Kawakami

「500Mのベストが、15秒以上も縮まった」

症状・状態
カヌー(体幹トレーニング・バランス調整)
患者様DATA:中学2年生 流石 凛太朗くん
治療経過の詳細
昨年12月から体幹トレーニングとバランス調整を始めました。
バランス調整はVIMを基本に筋質力を出せる様に勤めて施しています。
トレーニングは体幹の安定性を図りつつ四肢を動かれる様に行っております。

ビデオは、楕円のバランスボールに乗って2kg weightバーを持ち落ちないようにカヌーを漕ぐ動作をしております。
患者様の喜びの声
強風の日など、他の人達は何度も転覆していても凛太朗君は落ちなかった!と笑顔で教えてくれます。

松栄 勲先生

審査員 松栄 勲先生による寸評

「今どうすれば最善なのかを考えて行動するようになった」中学2年生のカヌー選手。
ただがむしゃらに肉体的に追い込むのではなく、自分の状態をよく把握し、それがより良い方向に進むように生活全般を考え行動することを「指導できる指導者」が少ない中で、川上先生は素晴らしい指導をされていると思います。

その結果、2分30秒ほどから、なんと15秒も自己ベストを更新して優勝することができたことは、指導の正しさを証明しています。
VIM療法によって、筋肉の出力とバランスを高めることで、よりカヌーのコントロールがしやすくなり、持久力もアップすることを狙った指導は、今後さらなる成績の向上を約束してくれるものと期待しています。

国際治療協会 理事
アスリーツ&トレーナーズ協会 理事長
松栄 勲

施術者コメント

川上 満先生

Bronze Master / Bronze Instructor

川上 満先生

まだ始めて半年くらいではありますが、今シーズン県の小さな大会だったようですが初優勝もしました。これはモチベーションを上げるのにも繋がり良いことです。

タイムに関しては500Mのベストが2分30秒前後だったのが、15秒以上も縮まったようです。筋肉の状態が悪くなると動きがおかしくなるのを本人も分かるようになり、今どうすれば最善なのかを考えて行動をするようになり無理をしなくなって来ました。

もっと結果を出せるようにこれからも続けて行きます。
それに合わせて私ももっと松栄セラピーを理解しより良いものを提供できるよう精進して行きます。

川上 満先生 プロフィール

川上 満先生の治療実績ページへ


ページTOP