マツエセラピー治療実績コンテスト

THE GOLD PRIZE

2018年 7月度
月間金賞

<治療部門>

Bronze Master / Bronze Instructor

知念 カエデ先生

Kaede Chinen

「VIM+タッチングで痛み解消!翌日の試合に3試合フル出場!予選1位通過!」

症状・状態
サッカーの試合で左下腿部をスパイクで蹴られ負傷。
患者様DATA:14歳 男性
  • <施術前>
  • <施術後>
治療経過の詳細
初検時、左下腿部の腫脹、出血有り。
圧痛、疼痛が強く。足関節を底屈、背屈するだけで疼痛が増大。
軽く手で触れるだけでも疼痛増大。
腓腹筋外側部に6cm位の大きい硬結が有りました。

まず、触ることも出来ないので健側でVIMをかけ硬結を緩めてタッチング、更に緩んで来たので健側の下腿部VIM+タッチングすべて表示するを同時に施術。

本人としては明日も試合があるのでどうにか試合に出られるようにして欲しいとのことでしたので、出来るだけ硬結を取ることに集中して足の指先からもVIMをかけました。
施術時間は30分ほど。
患者様の喜びの声
治療が終わると、痛みが軽減し普通に歩けるようになりました。
ご本人はただただ動ける事を喜んでおられました。
「明日の試合は無理だ」と思っていたらしいですが、
当日は3試合フル出場!1位で予選通過しました!

松栄 勲先生

審査員 松栄 勲先生による寸評

打撲による腫れへの対処としては、素晴らしいです。
通常は、腫れが引くまで安静にするか、アイシング及び湿布剤などを使用しますが、患者の「翌日に試合に出たい」という希望を叶えるためには、知念先生が選択したVIM療法やタッチングは、非常に有効です。
3試合にフル出場して、結果にもつなげられました。

VIM療法には、筋出力をアップさせ、全身のバランスを整え、その結果パフォーマンスを向上させるという効果があります。
それをフル活用しました点では、非常に高い評価ができます。

国際治療協会 理事
アスリーツ&トレーナーズ協会 理事長
松栄 勲

施術者コメント

知念 カエデ先生

Bronze Master / Bronze Instructor

知念 カエデ先生

自分としては完全には痛みをとってはいなかったのですが、
力が入りやすいようハムストリングスやら臀部の筋肉にVIMをかけたのが良かったのかもしれないと思っています。
あとはテーピングにて補強したくらいです。

知念 カエデ先生 プロフィール

知念 カエデ先生の治療実績ページへ

コンテストページへ戻る


ページTOP