マツエセラピー治療実績コンテスト

THE GOLD PRIZE

2018年 7月度
月間金賞

<治療部門>

Bronze Master / Bronze Instructor

平野 将弘先生

Masahiro Hirano

「手術しかないと言われていたのに、右手が上がった!」

症状・状態
右手が上がらない
患者様DATA:46歳 男性 ガスボンベ(20〜40㎏)交換の仕事
治療経過の詳細
---------------------------------------------------
 主訴
---------------------------------------------------
当院初診時に右手が上がらない(右肩の挙上ができない)との訴えにて受診。
痛みは全くなすべて表示するいとのこと。

当院へ受診される前に、内科→近医個人整形外科→総合病院へと紹介になり、総合病院にてCT・MRIを施行し、頚椎のヘルニアや頚椎症による神経圧迫からの筋力低下で肩の挙上ができない。なので、首の手術をしないと手が挙がるようにならない...手術をするしかない...との診断があり。

手術をしたくないので、当院の治療でなんとかして欲しい!!との訴えにて受診をされました。


---------------------------------------------------
 所見
---------------------------------------------------
・腰掛け姿勢は円背、骨盤の後傾あり。

・右僧帽部〜背部起立筋群に筋緊張亢進。

・右肩自動ROM:屈曲45°、伸展20°、外転25°、外旋10°、内旋50° 疼痛(ー)

(右肩挙上時、肩関節はほとんど動かず、肩甲骨と体幹伸展によるトリックモーションであげている。いわゆる腱板断裂時と同じ挙上)

・右肩他動ROM:屈曲170°、伸展60°、外転170°、外旋65°、内旋55°
(疼痛なく、可動制限もなし)

・右肩僧帽部上部〜中部・大結節・棘下筋・大胸筋・三角筋・上腕二頭筋・三頭筋に圧痛あり。

その他両背部起立筋群に圧痛あり。
MMT(肩甲骨):挙上 5
(右肩):屈曲 2,外転 2,
(右肘):屈曲 4,伸展 5,回外 4,回内 5
(右手関節~手指):5~5−
ホフマン・トレムナー反射:(ー)
フィンガーエスケープサイン:(ー)

上記から、頚椎症性筋萎縮症(頚椎症keegan type)であるだろうと推測がされた。


---------------------------------------------------
 治療経過
---------------------------------------------------

初回〜3回目施術時には右肩のみに施術を施行。
まずは筋硬結の強い僧帽筋、三角筋、棘下筋、棘上筋、大胸筋などに対してタッチング&対象筋弛緩法を行い、筋緊張の低下をはかる。
その後腱板筋へVIMを施行。

初診時治療前は自動ROM屈曲45°
初診時治療後に自動ROM屈曲95°へ改善
2回目治療後に自動ROM屈曲130°へ改善
3回目治療後に自動ROM屈曲140°へ改善
(ここまで約1週間)

治療後の改善率が乏しくなったので、4回目の施術から違う手立てを...と思い、安定化機構の治療も追加。
その後自動ROMがさらに改善し、
6回目治療後(治療を始めて2週間)には自動ROM屈曲170°へ改善し、左右差がほぼない状態へ。
(しかし棘上筋・棘下筋は若干弱い)

その後も治療を続け、治療開始後3週間半で患側で20kgのボンベを片手で持ち上げることができるように。
治療を始め1ヶ月半の現在、以前と全く同じように、40キロのボンベを持ち上げれるように。
もちろん上肢のMMTは全て5に改善。
可動域も制限なし。

安定化機構の治療をしてから、かなりの改善が見られたように感じました。
また、治療時間はいずれも10分〜15分前後です。
患者様の喜びの声
患者さん自身最初は、手術するしかないと言われたがどうにかして欲しい...絶対手術はしたくない...首の手術は怖い...との強い想いがあり、今回の治療によって劇的に回復したことを涙を浮かべながら心から喜んでおりました!!
またこの治療法についてもとても驚いていました!

また、手術しか治らない...とすべて表示する言われた総合病院の整形外科での診察にて、肩が挙上できるようになった旨を伝えたところ、その整形の先生も、どんな治療をしたの⁉︎⁉︎なんでそんなに良くなったの⁉︎⁉︎
と、かなり驚いていたようでした。
もちろん、手術は無くなり保存療法での経過観察となりました。

松栄 勲先生

審査員 松栄 勲先生による寸評

仕事に復帰できた喜びを想像すると、一緒に涙目になりました。
首の手術を勧められても、不安しかないと思いますし、仮に手術をしても症状が再発してしまう方も少なくないので、平野先生の治療は患者にとって、人生を左右するほど大きなことだったと思います。

平野先生が、この治療方法に出会わなかったら、こうした患者を治せなかったというのは正直な気持ちだと思います。
しかし、平野先生が常に真剣に治療や患者に向き合ってきたからこそ、できた奇跡だと思います。

これからもさらに多くの方を救っていってもらうことを期待するとともに、治せる治療家を育成することに、ともに力を注いでいただければと思います。

国際治療協会 理事
アスリーツ&トレーナーズ協会 理事長
松栄 勲

施術者コメント

平野 将弘先生

Bronze Master / Bronze Instructor

平野 将弘先生

私自身、この患者さんが本当に良くなるのか、全く分からず手探りの状態で治療を開始していきました。

しかし回を重ねるごとに明らかに改善がみられ、次はここも、次はここも...と悪い場所を見つけながら治療をさせてもらいました。

最初は本当に良くなるのか....と不安でしたが、治療していくごとに良くなっていく事が確認でき、改めて松栄セラピーの凄さを感じました!

松栄セラピーを学ぶ前の自分では、この患者さんの治療ができなかったです。
本当にこの治療に出会えて、私自身良かったと思っておりますし、自分の前にいる患者さんにもそう思ってもらえています。

自分も患者さんも、両方ともが素晴らしい感動を呼ぶ、素敵な治療になりました。
また今後も勉強を重ねて行きます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します!

平野 将弘先生 プロフィール

平野 将弘先生の治療実績ページへ

コンテストページへ戻る


ページTOP