マツエセラピー治療実績コンテスト

THE GOLD PRIZE

2018年 11月度
月間金賞

<治療部門>

Bronze Master

林 優希乃先生

Yukino Hayashi

「腕が挙がるようになったよー!」

症状・状態
仕事が出来ないほどの肩の痛み
患者様DATA:75歳 女性(花屋)
治療経過の詳細
【症状・状態(解説・考察・評価)】
とにかく肩が挙がらず、痛すぎで仕事が出来ないと訴えられた。
右は、90度屈曲しようとすると体幹の伸展が入り険しい表情をしながら行っていた。
前鋸筋の運動方向に力を加えてもらうと、疼痛が出現。
左側臥位も行えない状態であった。

【治療経過】
足部からすべて表示するのキネマティックチェーンを使い、全身をつなげた。
そして、右の前鋸筋をメインにタッチング、VIMを使い痛みを緩和させ、
痛みが緩和すると体位変換も楽々行えるようになったため、
体位を変えながら、肩甲骨周囲、背筋のタッチング、VIMを行なった。
患者様の喜びの声
痛みが全然ちがうね。
さっきまで、ちょっと動かすだけで電気が走っじょったのに、
ここまで挙がるようになったわー。

よかったー。これで、明日からも仕事が出来るわ~

松栄 勲先生

審査員 松栄 勲先生による寸評

痛みというのは日常生活を送る上で、本当に辛いものです。
そして、電気が走るぐらい痛い状態は想像するだけでも辛いです。
しかし、それを一度の施術で克服したことは素晴らしい成果ではないでしょうか。

見立てで肩を挙げる上でのトリックモーションも考えられていますし、どこが悪いかも想像して治療に臨めています。
日常生活だけではなく、最後までしっかりと支えてあげてください。

国際治療協会 理事
アスリーツ&トレーナーズ協会 理事長
松栄 勲

施術者紹介

林 優希乃先生

Bronze Master

林 優希乃先生

時間はかかってしまったけれど、痛すぎて挙がらんって言っていた腕が
ADLに支障がないくらいの範囲まで挙がるようになってよかった!!
今の状態でも生活に支障はないかもしれんけれど、
180度まで挙がるように一緒に頑張りましょう~

林 優希乃先生 プロフィール

林 優希乃先生の治療実績ページへ

コンテストページへ戻る


ページTOP