マツエセラピー治療実績コンテスト

THE GOLD PRIZE

2018年 12月度
月間金賞

<治療部門>

〜月間最優秀賞〜

Bronze Master / Bronze Instructor

嶋谷 千浜先生

Chihama Shimatani

「『ひ孫に会いに行きたい』願いがかなった!」

症状・状態
脊柱管狭窄
患者様DATA:70代 女性 H様 主婦
治療経過の詳細
脊柱管狭窄と診断され手術するほどではないと言われ痛み止めを1日3回服用、夜中に痛みで目が覚めるため睡眠薬も処方され服用していました。
夏前から痛みがひどくなり朝起きることがすぐにできず、這いながらトイレに向かう毎日で、愛犬の散歩もいけなくなり、台所で料理をするのも座りながらしていました。
5分もすべて表示する歩行できないのでこのまま歩けない人生になるのではと不安になっていたところ、常連様のご紹介でお願いされました。
冬にひ孫が産まれるため、香川から神戸に新幹線で会いに行きたいけど、絶対無理よなあ。。。と諦めていましたが、会いに行くのを目標に頑張りましょう!と目標を立てて今回の施術に挑みました。

初見では立ち姿勢が骨盤後傾の上半身が右回旋。
両脚の痺れがあり半膜様筋、大腿二頭筋の硬直が酷く内転筋、大腿直筋などの硬直も両脚とも酷かったです。
以前に転倒から右股関節を骨折した際、人工股関節置換の手術をしているとのことで股関節の可動域はかなり制限されていました。
起立筋群はもちろん骨盤後傾から多裂筋などの深層筋のアプローチや、特に右大胸筋から頚椎まで筋硬直が酷かったので
キネマティックチェーンで身体全体の筋緊張を最初にとることにしました。


【治療経過】
9月から週に一回の施術ペースで開始。

一回目、股関節が人工のため、あまり深く曲げてのVIMがしにくいため仰臥位から足先からのキネマティックチェーンで始まり、半膜様筋や大腿直筋などはタッチング、健側からのVIM、腹圧による筋硬直の弛緩、側臥位から多裂筋にタッチング、中臀筋のVIM、広背筋などの対象筋弛緩法、右側大胸筋、胸鎖乳突筋などVIMで弛緩。
最後は頚椎からのキネマティクチェーンで終わりました。
下肢の硬直がかなり改善され患者様も、あれ?歩きやすいしすぐ起き上がることができます!
と驚かれていました。

2回もほぼ同様に、痛みがかなり良くなってきたため、今回は壁を利用した姿勢改善法を毎日少しずつやりましょうと指導。

3回目からは壁を使ったり椅子を使ったりのスクワットも少しだけ加え、毎日やっていただきました。
あとは、お散歩も5分から始めました。
朝這いながらトイレに行っていたのが、きちんと起きていけるようになりました。
4回目には夜に痛くなったら怖いからと、一錠だけ痛み止めを飲む程度になり睡眠薬の服用はしなくなりました。
歩く時間もだんだん伸びていき、やれることが増えて表情が生き生きとしていました。

10月中旬には痛み止めも服用しなくなりました。
身体全体、特に下肢の硬直は最初に比べてふかふかに柔らかく、弛緩したままをキープできていました。
11月に入ると2週に一度の施術で、歩く時間も30分以上歩いても平気になり、どこ行くにも歩いていけると嬉しそうにお話ししてくださいました。
これなら、神戸にひ孫が産まれたら行けるかもしれないという希望が出てきました。

そして12月16日、お一人で香川県から神戸まで新幹線でひ孫に会いに行かれました!
ひ孫さんを見に行き、阪急デパートで娘さんと3時間お買い物して、日帰りで香川県に戻られました。
患者様の喜びの声
最初は、まさか自分が歩けなくなるとは夢にも思ってなくて、このまま歩けなくなる怖さで不安な毎日でした。
元気に歩けている周りの人達が羨ましく思う毎日。
ひ孫を見に行くと言っていたのに、もう絶対に無理だと諦めていました。
一回目受けたときは、なんだか体が動きやすく起き上がるときもいつも這いながら起すべて表示するきるのに、スッと起きることができました!
施術をうけるたびに歩行距離もどんどんのびていき、スクワットも回数が増やせ、台所での料理もずっと立っていても平気になり、布団の上げ下ろしも主人がしてくれていたのが自分でできるようになりました。
まさか、歩くことすらむりだったので、ひ孫に会いに新幹線で移動するなんて、絶対無理だと諦めていましたが。
先生!!行ってきたよーっ!!
ひ孫も見られたし、娘と3時間も阪急デパートでお買い物を楽しみました!

松栄 勲先生

審査員 松栄 勲先生による寸評

第2の人生を!!
ひとりでも多くの方に、その喜びを伝えたい!!
嶋谷先生と共有できた想いを、さらに多くの治療家に伝えたい!!と強く思わされる投稿でした。
治療内容に関しては、常に様々な研修会で見せてくれる知識や技術を駆使されているので、100%以上の信頼をしています。
Hさんが、ひ孫に会えた幸せは、想像しただけで涙腺が崩壊しそうです(笑)

国際治療協会 理事
アスリーツ&トレーナーズ協会 理事長
松栄 勲

施術者紹介

嶋谷 千浜先生

Bronze Master / Bronze Instructor

嶋谷 千浜先生

秋に歩けなくて這いながら起きていたH様。
今回は施術プラス体幹と下肢の筋肉を少しずつ少しずつ毎日する!とゆう条件に、真剣にコツコツ取り組んでくれたのも神戸まで行けた結果になったと思います。
VIMや対象筋弛緩法、キネマティックチェーン、シルバーJr.でやってきたことで簡単に弛緩させることができ、回復の早さにも繋がっています。

諦めて不安になっていたあの日の顔は、今は満面の笑みで今日もまたお出かけするのが当たり前だったことが、また当たり前にできる日々を楽しんでいらっしゃいます。
松栄先生がいつも言っている、第2の人生を!

また満面の笑みでひ孫さんの成長を見に行ける楽しみができましたね。
松栄先生の思いにまた感謝し、また繋ぐ人になれるようにサポートさせて頂きます!

嶋谷 千浜先生 プロフィール

嶋谷 千浜先生の治療実績ページへ

コンテストページへ戻る


ページTOP