歩行困難な状態がVIM療法で解消!/腰痛、右大腿の痺れ

歩行困難な状態がVIM療法で解消!

【施術DATA】

症状名
腰痛、右大腿の痺れ
患者様
60代以上 女性
施術者名
Bronze Master 藤長 昭宏

【施術者コメント】

10か月程前から腰痛を発症し、その後右大腿に痺れを伴う様になりました。
直ぐ様、歩行困難に陥り、5〜10メートル程歩く度に、休憩が必要な状態になり、買い物や、掃除、普段の生活すら脅かされた状態で、藁をも掴む形で来院し、治療が始まりました。

VIMの治療を施したところ、歩きにくかった足は、スムーズに前に出す事が出来、痺れ自体も感じられない状態でした。
その次の2回目、3回目の治療後には、全く痺れはなく、歩行もスムーズ、生活の制限も全くない状態になりました。
本人もすごく喜んで頂いて、今では、また、同じ様な症状にならないように、体のケアを考えて治療を継続しています。

腰、脚カテゴリーの治療実績


ページTOP