諦めていた長時間の歩行が可能に/前脛・踵骨・殿部の痛み

諦めていた長時間の歩行が可能に

【施術DATA】

症状名
前脛・踵骨・殿部の痛み
患者様
60代以上 女性
施術者名
Bronze Master 小路 益弘

【施術者コメント】

当初は歩きにくさ、早く歩けない、痛みがある、
そして治らないだろうなぁっと思いながらもインターネットで子供が調べてくれて来院。

右の前脛、踵骨に痛み。右殿部にも痛みがありました。長く歩くと兎に角痛い。自身も歩く事や足に対して自信をなくしていました。まず、長い期間痛い状態が続き、脳自体も痛いのが当たり前だと認識しているという事を説明していきながら当院の施術なら必ず治ると伝えながら開始しました。まず下腿部の筋緊張のある部分を緩め、徐々に殿部辺りまでを施術。前脛部にはVIMを使ってアプローチ。殿部にも全体的に外側面に力を入れる傾向があったので中殿筋に対して対象筋弛緩法でアプローチ。
1回目の施術で下腿には少し痛みも残るものの、全体としては改善しました。
2回目の来院で踵骨、アキレス腱部分に痛みが残り、殿部にも少し痛みあり。
立ち上がり方などから関連のある部分に施術を行い、殿部の痛みはなくなりました。
3回目以降は下腿中心で行い、前脛の痛みは取れてきたものの踵骨は少しだけ残っていました。
そこで足底の筋肉に対してVIMを行い痛みも軽減しました。
現在は痛みもなく、長歩きや先日は山歩きも出来たと大変喜んでおられました。正直治らないと諦めていたのに、『いつの間にか足の痛みもなくなってたわ〜』と言われました。
今後、また痛くなると怖いので週一回は必ずメンテナンスも行なっています。


ページTOP